歯周病対策 歯周病と歯石除去

歯周病とは?

ぐらぐら CMなどでよく耳にする「歯周病」ですが、一体どんな病気かご存知ですか?
歯周病とは、細菌によって発症する細菌感染症で、どなたでも発症する可能性があります。
歯ぐきが腫れ、出血しやすくなります。治療せずに放置すると悪化し、最終的には歯が抜けてしまうこともある恐ろしい病気です。

知っていましたか?歯周病ってこんな病気

  1. 成人の約8割は歯周病
  2. 痛みを伴わずに進行するため、気づいた時には歯がグラグラするなどの症状が現れ、抜歯になってしまう事もある。
  3. 細菌による感染症であるため、誰でも発症する可能性がある。

歯周病セルフチェック

  • 歯がグラグラしていないか?
  • 口臭が気にならないか?
  • 歯ブラシをすると血が出ないか?
  • 物を咬むと痛みを感じないか?

きちんとしたチェックには、歯科医師による検査・カウンセリングの歯科ドックをお勧めします。

健康な歯肉
健康な歯肉
歯の周辺の歯肉が健康的なピンク色で、引き締まっている
  歯周病の歯肉
歯周病の歯肉歯肉が赤く腫れ上がっている

健康な歯の人こそ要注意? あらゆる病気の元 ” 歯周病 ”

あらゆる病気の元 ” 歯周病 ”

歯ぐきが炎症を起こし、悪化すると歯が抜けることもある歯周病。
この歯周病、実は歯ぐきだけでなく、糖尿病や心臓の疾患など、あらゆる疾患を引き起こしたり、悪化させる病気だということはご存知ですか?
特に糖尿病とは大きなかかわりがあり、歯周病と糖尿病、お互いがお互いを悪化させる悪循環を引き起こしてしまうのです。

そんな恐い歯周病。
歯が丈夫だから、虫歯がないから、歯周病も大丈夫!なんて思っていませんか?
実は、健康な歯の持ち主でもすでに歯周病に罹患している可能性が高いのです。

静かに進行する ”サイレントキラー”歯周病

原因は、「サイレントキラー」と呼ばれるその性質のため。
歯周病は、初期~中期段階では痛みがほとんどありません。歯ぐきの腫れもわずかで気付かない場合が多く、そのためいつの間にか進行してしまうやっかいな病気です。

また、歯周病と虫歯は、原因となる細菌の種類が違います。
そのため、虫歯は1本もなくても歯周病に罹患している患者さんも少なくありません
初期発見のためにも、歯科での定期検診をお勧めします。

発症原因

歯周病は、歯肉縁下に付着・蓄積した細菌によって発症します。

この細菌が増える原因は、主に歯の表面に付着した汚れ(歯垢)です。
食事を取ると、歯には汚れが付着します。歯垢をそのままにしておくと、歯垢の中に細菌が溜まり、歯肉が炎症を起こします。歯周病の始まりです。

また、歯垢を放置すると石灰化し、歯石となります。歯石の表面には歯垢がつき易く、これによってより一層歯周病が発症しやすくなるのです。

歯周病を防ぐ為には、常に口の中を清潔にし、細菌が増えないようコントロールすることが大切なのです。

歯垢を放っておくと…
中に細菌が溜まる
歯垢の中に細菌が溜まります
  新しい歯垢、細菌も増加
歯垢が歯石となり、その表面に新しい歯垢が付着。細菌も増加します

歯石除去(歯周病対策)

歯垢が石灰化してできる歯石は、歯周病の発症を促してしまいます。
歯石は、通常の歯みがきでは取れません。歯科衛生士による歯石除去をお勧めします。

歯石のついた歯
歯石のついた歯
 → 歯石を取り除ききれいになった歯歯石を取り除ききれいになった歯

また、歯周病にはさまざまな段階があります。歯科医院による、歯周病の進度に合った専門的な治療が必要になります。
歯周病は、治療すれば進行を止めることのできる病気です。
症状がなくても歯周病のチェックを受け、早くみつけて治しましょう。

歯科ドック

歯科ドック 歯周病でお悩みの方、 歯や歯茎の状態に不安がある方には、歯科ドックをお勧めしています。

歯科ドックの診察内容
・問診
・レントゲン、写真撮影
・歯周組織精密検査  など

詳しくは歯科ドックのページをご覧ください。

中野歯科医院 TOPページへ 院長ごあいさつ 院内紹介 よくある質問 サイトマップ 中野歯科医院 TOPページへ