インプラントの流れ

インプラントの流れ

1.レントゲン・CTの撮影

歯と骨の状況を見るために、レントゲンとCTの撮影を行います。
レントゲンは院内にて、またCTは提携医院のタケダ歯科医院にてそれぞれ撮影を行います。
レントゲン

2.ディスカッション

レントゲン・CTの結果を確認しながら、インプラント担当医の小笠原とディスカッションを行います。
インプラントが可能かどうか、治療方法やオペの日程などを決めていきます。
ディスカッション

3.オペ

フィクスチャー(人口歯根)を埋め込むオペを行います。
オペ終了後は、消毒(オペの翌日)、抜歯(オペから2週間程度後)でそれぞれ来院していただく必要があります。
オペ
オペ

4.クリーニング

インプラントが骨に定着するのを待つ間、定期的にクリーニングを行います。
定着するまでの期間は個人差がありますが、通常のインプラントなら2~3ヶ月、骨造成を行った場合サイナスリフトは6ヶ月、 ソケットリフトは4ヶ月、GBRは2~8ヶ月程度かかります。
クリーニング

5.かぶせ物の型取り

かぶせ物(クラウン)の型取りを行います。
かぶせ物は、型取りから1~2週間程度で完成します。
かぶせ物

かぶせ物の取り付けと噛み合わせチェック

できあがったかぶせ物を装着し、噛み合わせのチェックを行います。
噛み合わせの調整をしたら、インプラントの導入は完了です。新しい歯の噛みやすさを実感してみてください。

なお、インプラント導入後は定期的にクリーニングに来院されることをお勧めします。
噛み合わせチェック
噛み合わせチェック

インプラントQ&A

インプラント治療はどのようなときにするのですか?
インプラント治療は、虫歯や歯周病によって歯を失ってしまったり、残す事が難しくなったりしたときや、先天性歯牙欠損といった生まれつき歯がない場合に新たな歯を再現する目的で行います。
インプラント治療とはどのような治療方法なのですか?
インプラント治療は、チタンでできた人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込み、その上に歯を再現する治療方法です。
自然で違和感が少ないのがインプラント治療の特徴です。自然の歯と同じように食事がとれます。
インプラント以外ではどのような治療方法がありますか?
ブリッジや入れ歯などがあります。ブリッジや入れ歯を利用する上でのメリット、デメリットについてはインプラント-他の治療法との比較をご参照下さい。
インプラント治療にはどのようなメリットがありますか?
インプラント治療は、ブリッジや入れ歯と比べて見た目が自然でよく噛めるのが特徴ですが、インプラント治療の最大のメリットは、残っている両隣の歯を削る必要がなく、負担もかからないので、全体の歯が長持ちするということでしょう。
インプラントとは、どのような材質のものを使うのですか?
インプラント治療に使用される材料として、長年の研究の末たどり着いたのがチタンという金属です。アパタイトに比べ強度が強く、また、他の金属に比べ体にやさしいのがチタンの特徴です。
インプラント治療を受けた場合、周りの歯に影響がありますか?
インプラント治療が周りの歯に悪い影響を与える事は全くありません。むしろ咬み合わせの力から、周りの歯を守ります。
インプラントを入れた部分は、周囲からみてインプラントと分かりますか?
症例にも寄りますが、ほとんどの場合インプラント治療で入れた歯は、天然の歯と区別がつかないくらいに再現できます。
インプラントは取り外しができるのですか?
インプラントは、基本的にご自身では取り外しできません。
インプラントの上につける人工歯は、歯科医によって特殊な器具を使用すれば可能です。
インプラントを入れると普通の歯のように噛めるようになりますか?
インプラント治療は、人工の歯根を使って自然の歯に近い状態を再現するものです。したがって、インプラント治療後は、普通の歯のように噛めるようになります。
インプラントは何年くらい保つことができるのですか?
個人差はありますが、定期的なメンテナンスをしっかり受ければ生涯持たせる事も可能です。
当医院では5年間の保証期間を設けております。
インプラントを入れる事で体にはなにか影響がありますか?
徹底した診査診断の上で、正しい治療が行われた場合、そしてメンテナンスがしっかりしていれば影響はありません。これがしっかりできていないとインプラント周囲炎などからの感染も考えられますが、天然の歯でも同じです。インプラントが入っているいないにかかわらず、歯のクリーニングは定期的に行いましょう。
アレルギーがある場合でもインプラント治療はできますか?
インプラントはチタンでできています。チタンは金属の中でも非常にアレルギーの少ない金属ですが、それでも金属アレルギーが疑われる場合は術前にアレルギーテストを行います。ネックレスやピアスに対してアレルギーのある方でもほとんどの方が問題なく行えます。
インプラント治療を受ける上で注意する事はありますか?
インプラント治療は正しい診査診断が必要です。咬み合わせ、細菌の数など十分把握してから行いましょう。
インプラントを入れた後の維持管理はどのようにするのですか?
インプラントに限らず、天然の歯においてもメンテナンスは非常に重要です。
当医院では、歯磨き指導を十分行い、定期検診にて、歯科衛生士によるPMTC(歯石取り、クリーニングetc)を丁寧に行います。
インプラント治療では、取り付ける歯の素材を選ぶ事ができますか?
選ぶ事が出来ます。セラミックで出来たものや、プラチナゴールドで出来たものなどあり、咬み合わせの強さや見た目に応じて選択します。詳しくはご相談下さい。
中野歯科医院 TOPページへ 院長ごあいさつ 院内紹介 よくある質問 サイトマップ 中野歯科医院 TOPページへ