骨造成治療

骨造成治療とは

あごの骨が薄い、少ないなどでインプラントを入れられないという方に、当院では骨造成治療を行っております。

骨造成治療とは、ご本人の移植骨や人工骨を使い、インプラントを入れられる厚みまで骨を回復させる治療です。
長い間歯を抜けたままにしておいたため顎の骨がやせてしまった方、骨が少なくインプラントができないと診療された方も、当院までご相談ください。

料金 50,000円(税抜) ※いずれの治療法も同じ

サイナスリフト(上顎洞挙上術)

sai

上顎の骨の高さが3~4mm程度しかない場合や、多くの歯を欠損している場合に行います。

上顎の歯肉を側面から切開し、骨に密接するシュナイダー膜(上顎洞粘膜)を丁寧にはがします。
骨とシュナイダー膜との間のスペースを人工骨で埋め、しっかりとした骨になるのを待った後でインプラントを埋め入れます。
治療期間は約6ヶ月ほどです。

ソケットリフト

sai

上顎の骨の高さが6mm程度で、あと少し足りない場合に行います。

インプラントを入れる部分(歯の生えていた部分)に穴を開け、シュナイダー膜を押し上げてできたスペースに人工骨を入れ、骨の高さを確保します。
人工骨と同時にインプラントを埋め入れるため、治療期間も早く、約4ヶ月ほどで噛めるようになります。

ソケットリフト法には、骨を叩いて押し上げるオステオトームを使う方法と、削りながら持ち上げるリフティングドリルを使う方法がありますが、 オステオトームでの施術は骨に響きやすく、患者様が不快に思うことも多くなるため、当院ではリフティングドリルでの施術をメインとしています。

GBR(骨再生誘導法)

sai

骨の厚みが足りない場合に行います。

インプラントを埋め入れる際に、骨の足りない箇所に人工骨を入れメンブレン(人工膜)で覆い、固定します。
上から歯肉を被せ、しっかりとした骨になるまで待った上で、人工歯を装着します。
骨の状態や補填量など個人差があり、治療期間は約2~8ヶ月ほどとなります。

中野歯科医院 TOPページへ 院長ごあいさつ 院内紹介 よくある質問 サイトマップ 中野歯科医院 TOPページへ