噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療とは、主に、上の歯と下の歯が接触する時間を減らすことで、歯を失うリスクを減らす治療です。

TCH(上下歯列接触癖)とは

TCH(上下歯列接触癖) 普段何もしていない時は、口を閉じていても、通常お口の中では上下の歯は接触していません。
ところが、なにか作業をしている時・考え事をする時に、無意識に上下の歯を接触させてしまう方がいます。
これが、Tooth Contacting Habit(上下歯列接触癖)です。

上下の歯が接触することで、口を閉じる筋肉が緊張状態におかれ、 長く続くと頭痛・首痛・肩こり・腰痛などを引き起こします。
また口を閉じる筋肉が働くことにより顎関節が圧迫され、痺れや痛みを引き起こすこともあります。

TCHセルフチェック

  • 片側の上下の歯がしみることがある
  • 奥歯で噛むと一瞬ピリッと痛むことがある
  • 歯の横の面が削れていて、舌で触るとザラザラしている
  • 朝起きたときに、首筋や肩にコリを感じることがある
  • 仕事中、ふと気づくと噛みしめていたり、舌を上あごに吸い付けていたりすることがある
  • アゴが開かなくなったり、開けるときに痛みを感じたりしたことがある
  • 頬のまわりの筋肉が硬く、いつも緊張している気がする

歯ぎしりについて

歯ぎしりを放っておくと、歯が磨り減ってきます。
さらに歯が欠けたり、上下の顎の骨も消耗し、噛むだけで痛みが走るようになってしまうこともあります。
また、歯肉も退行して歯の付け根まで露出してきてしまう可能性も出てきます。

治療法(マウスピースの装着)

マウスピース
マウスピース

当院では、様々なダメージから歯とお身体を守るために、マウスピースの使用をお勧めしています。

睡眠時に使用することでアゴの筋肉の緊張を取った状態での噛み合わせを実現させ、食いしばりによる顎関節へのダメージを低減。 また、歯ぎしりによる歯の磨り減りを防ぎます。

作成時には型取り・調整をし、患者様お一人おひとりに合ったマウスピースを作っています。

噛み合わせ治療Q&A

歯が痛いのに虫歯はなく、原因がわからないと言われました…。
虫歯ではないのに歯が痛い、熱いものや冷たいものはしみないが噛むと痛いなどの場合、TCHの可能性があります。
まずは一度、当院にご相談ください。
マウスピースをつけていて、違和感はないでしょうか?
当院では、マウスピース制作前に、硬いものと柔らかいもの、2つの硬さからお選び頂けます。
患者様のお口の中の状態や好みにあわせて選びますので、違和感は少なく使って頂けます。
中野歯科医院 TOPページへ 院長ごあいさつ 院内紹介 よくある質問 サイトマップ 中野歯科医院 TOPページへ