負担の少ない治療

炭酸ガスレーザーを使った治療

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、虫歯 ・ 歯周病 ・ 口内炎など、さまざまな疾患の治療に使用します。

炭酸ガスレーザーの波長は、水に吸収されやすいという特徴をもっています。 虫歯や炎症部分は健康な部位に比べて水分を多く含んでおり、炭酸ガスレーザーが作用しやすいため、健康な部位への影響が少ない治療が可能となります。
そのほかにも、メスを使った施術と比べ痛みが少ない、術後回復が早いなどの利点があります。

また、タバコの吸いすぎなどから起こる歯茎の変色などにも大きな効果を発揮します。
炭酸ガスレーザーを照射し、歯茎内のメラニンを除去することで、ピンク色をした健康的な歯ぐきを取り戻します。

黒く変色した歯ぐき
黒く変色した歯茎
治療しピンク色に回復した歯ぐき
治療しピンク色に回復した歯茎

>麻酔の技術

施術

進行してしまった虫歯などの治療には痛みがつきもの。それを避けるための麻酔ですが、麻酔注射もまた痛いものです。

当医院では、麻酔注射の痛みをやわらげるために「ピンチングテクニック」という手法を用いています。
この方法では、お口の中の粘膜を注射針の上に被せるようにして麻酔を行いますので、歯肉に針を直接突き刺す注射よりも痛みを感じません。
麻酔の独特のテクニックによって、痛みを最小限に抑えた麻酔が受けられますので、快適に、確実に治療することが可能です。

従来の方法は痛みを強く感じる
従来の方法
  ピンチングテクニックで痛みが和らぐ
ピンチングテクニック

セラカルLCを使った治療

セラカルLC

神経の近くまで進行した重度の虫歯は、刺激により神経が炎症を起こしやすいため、神経を保存する処置が必要になります。
ですが、従来の保存方法では成功率はそれほど高くなく、神経を取る処置が必要になることもあります。

当院では、セラカルLCを使った新しい神経保存治療を導入しております。
セラカルLCを使うことにより、より確実に神経保存を行うことができ、神経近くにまで達した虫歯の治療でも、従来より高い確率で神経を残すことができるようになりました。

中野歯科医院 TOPページへ 院長ごあいさつ 院内紹介 よくある質問 サイトマップ 中野歯科医院 TOPページへ