親知らずの抜歯

親知らずの与える悪影響

親知らずは、その生え方によって周囲の歯やお口の中に大きな影響を与えます。

【他の歯を押す】

親知らずの中でも、体やお口の中に最も大きな影響をもたらすのは、真横を向いて埋まっている親知らずです(水平埋伏智歯と呼ばれています)。
真横に向かって生えている親知らずは隣の歯を押すため、そのままの状態が長く続くと、顎関節症など顎の痛みの原因になる場合があるほか、 他の歯の歯並びが悪くなる可能性が高くなります。この影響は、前歯などにまで及ぶ場合もあります。

また、斜め向きに親知らずの先端が少しだけ顔を出した半埋伏の状態でも、状態によってはこのような横向きの力の影響が出る場合があります。

リラックス

水平埋伏智歯

【虫歯になりやすい】

半埋伏の親知らずは、隣の歯に接触している部分に汚れがたまりやすく清掃も困難なため、 高確率で虫歯になります。その場合、隣の歯の隣接面も虫歯になる可能性が高いので注意が必要です。
真っ直ぐ生えている親知らずでも、上下がきちんと生え揃っていないと機能しないうえに、 歯磨きのときにブラシを当てにくいため基本的に汚れがたまりやすく、ほかの歯と比べ虫歯になりやすくなります。

【智歯周囲炎(ちししゅういえん)を引き起こす】

また、親知らずの周囲に汚れがたまって炎症を起こし、激しい痛みと腫れが出る可能性があります。
この状態を智歯周囲炎(ちししゅういえん)と言いますが、親知らずと隣の歯の間の歯周ポケットは深く、 消炎処置や薬で一度症状が治まっても、必ず再発するので、繰り返し痛みを伴う可能性があります。

親知らずの抜歯(水平埋伏智歯の場合)

歯茎の切開

1.歯茎の切開

麻酔を行った後、歯茎を切開します。
歯冠をあらわにする

2.歯冠をあらわにする

埋もれた歯の周辺の歯肉をはがします。
歯周辺の骨を一部削り、歯冠(歯の頭の部分)が確認できるようにします。
歯冠の分割

3.歯冠の分割

埋もれた歯の頭(歯冠)をダイヤモンドバーで切り取り、除去します。
抜歯

4.抜歯

へーベルを使い歯根を抜去します。
骨の整形・縫合

5.骨の整形・縫合

内部に残った歯根をすべて出し終えたら、骨を整形します。
歯肉を閉じて縫合し、傷口がくっつくのを待って抜糸します。

外科治療を必要とする親知らずの抜歯は、日本口腔外科学会専門医である西田医師が担当します。

西田医師

口腔外科担当医 西田医師

中野歯科医院 TOPページへ 院長ごあいさつ 院内紹介 よくある質問 サイトマップ 中野歯科医院 TOPページへ