睡眠時無呼吸症候群への対策

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群 私たちの睡眠を妨げる要因のひとつとして最近注目されている病気に、睡眠時無呼吸症候群があります。 文字どおり、眠っているときに無呼吸状態になる病気で、SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。
無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)になる原因

  • 太っていてあごや首に脂肪がついている
  • アデノイドなどの病気により、扁桃が肥大している
  • 花粉症やアレルギーなどで、鼻が詰まりやすい
  • アゴが小さい
  • アルコールの摂取により筋肉がゆるんで、のどがふさがりやすくなる

SASは太った人に多い病気と思われがちですが、日本人など東アジア系の人間ではやせていてもアゴが小さいなどの顔の特徴から、SASにかかる人が多くみられます。太っていないからと関係ないと判断するのは禁物です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)セルフチェック

眠っているとき・・・

  • いびきをかく
  • 息が止まる
  • 呼吸が乱れる
  • 息が苦しくて目が覚める
  • なんども目を覚まし、トイレに行く

日中、起きているとき・・・・・・

  • しばしば居眠りをする
  • 記憶力や集中力が低下する
  • 性欲がなくなる
  • 性格が変化する
  • 体を動かすときに息切れする

睡眠時無呼吸症候群への対策

睡眠時無呼吸症候群(SAS)には、次のような治療を行います。

  • 減量
  • 生活習慣の指導
  • CPAP(シーパップ/経鼻的持続腸圧療法)
  • 口腔内装置(マウスピース)
  • 手術治療

中野歯科医院では、内科医との連携のもと、睡眠時無呼吸症候群とみられる患者に有効な、口腔内装置(マウスピース)を提供しています。
マウスピースは上下一体型で、硬めに作ります。
睡眠時に装着することで、睡眠時無呼吸症候群の改善に期待が持てます。

睡眠時無呼吸症候群の診断や治療法の判断は、内科にて行われます。
詳しくは内科医にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群への対策Q&A

どのくらいの期間の治療で治りますか?
治療で症状をコントロールすることはできます。
また、無呼吸が生じている原因と部位、重症度などによって、根治療法が適用になる場合と対症療法が適用になる場合があります。
詳しくは、内科にてご相談ください。
マウスピースはどのくらいの期間で、いくらで作ることができますか?
マウスピースは、内科で診査・診断し、内科医からの依頼があってからの作成となります。
通常は、週1回の来院を3回程度で完成します。
マウスピースの作成料金は、3割負担で約12,000円(税抜)となります。
中野歯科医院から、内科医を紹介してもらえるのですか?
ご希望があれば、ご紹介いたします。
中野歯科医院 TOPページへ 院長ごあいさつ 院内紹介 よくある質問 サイトマップ 中野歯科医院 TOPページへ